アーカイブ

2021年11月

我慢好きですか トイレ我慢してませんか

カテゴリ:
我慢が好き!って人はあまりいないと思うけど

子どもの頃から何かと我慢の連続

誰でもみんな

我慢ばっかりしている


もう慣れすぎてしまってそれがもはや

「我慢している」

とも気づいていないのがほとんど


でも誰も我慢しなくなったら

世の中は成り立たないような気がするし

ん~


ババ子学校にトイレで大の用足しをしたことがないの

小学生の頃から

なんでかなあ・・・

今でも外でするのは落ち着かなくて

まずしない

したくなったら我慢する


こういう生理的我慢から

人間関係はもちろん

勉強 部活 受験に仕事

子育て家事

楽しかったこともあるけど

人間我慢の連続

お腹がすいても我慢

泣きたくても我慢

怒鳴りたくても我慢

買いたくても我慢



特に中学生高校生の学校生活なんて

今から思えば人権無視の

「謎のガマン」

だらけだったわ


yaruki_nai_school_girl



もう残りのほうが少ない人生だけど

「我慢」を手放したら

コンビニの店員さんを怒鳴りつける老人や

電車が遅れたからって駅員さんに詰め寄る人

みたいになるのかな


年を取ると結構こらえ性が無くなってくるイメージはある


やはり多少の我慢はまだまだし続けそう(-_-;)

簡単に手放せない

しなくていい「我慢」


体や心によくない影響が出る我慢は

手放して行く(^^;)




にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村










高齢者の運転事情

カテゴリ:
高齢者がアクセルとブレーキの踏み間違えによる

とみられる痛ましい事故が絶えない

高速道路逆走やニュースにならない自損事故なんて

知らないだけでいっぱい起こっているんでしょう



母アキ子氏もあの年代の女性としては珍しく

運転免許証を持っていた

職場に乗っていくために40代で取得したのだ

当時は子ども心に「すごい根性だ」

と思った覚えはあるが

特に乗せてもらった覚えはない

その時ババ子はもう中学生ぐらいで

どこに行くにも自転車や電車が使えたし

アキ子氏と女同士でお買い物♡なんて

車に乗っていくことは皆無だったからだ



大人になってからもアキ子氏を車に乗せることはあっても

乗せてもらうことはなかった


ただアキ子氏は60代の頃は結構友人と一緒に

車で近場に出かけたりはしていたようだ


car_drive_otoshiyori


時は流れ・・・


アキ子氏が70半ばぐらいの時に何かの用事で


アキ子氏が運転する車でそのまま出かけた






久しぶりにその車に乗った時正直

「ぎょっ!」

とした


左右にフラフラ 

車線をまたがんばかりのふらつき

そしてスピードの遅さ

法定速度以下で 間違ってはいないが

流れにも全く乗っていない

・・・・こんなに運転下手だったっけ?


そりゃしょうがないわよね

年なんだもの

とはいえ危なすぎる



危機感を覚えたババ子は

目的地からの帰り道は

車の運転はあまり好きではないものの

まだ自分がした方が数倍はましだ!と思い

気を使いながらも「運転変わるわ」と申し出た

そして運転したこともないアキ子氏の車のハンドルを握って

帰った



・・・もう運転やめたほうがいいんじゃない?


というようなことをやんわりと言うと

「そうしたら誰が毎日買い物に行ったり

病院に連れて行ってくれたりするのよ!

今までだって全部自分でやってきたのよ!」


「雨の日も風の日も

自分で荷物持って歩かなきゃならないのよ!」



そう山奥の一軒家に住んでいるわけでもないし

駅までも歩ける住宅街に住んでいたアキ子氏だが

車の免許を取ってからは

歩いてどこかに行く

という発想はなかった



近所の女性のご老人はほとんどみんな

自転車やら買い物の

キャリーバッグを引いて歩いているだろう

しかしアキ子氏は頑として受け入れなかったし

実際そういわれるとこちらも日々の買い物や

病院の送迎に仕事を休んで付き合うこともできない



あの危ない運転も

すぐにやめさせることができなかった



それなら同居は無理でももう少し近居にすれば

日々の生活を助けることができるかもしれない

と思いその後アキ子氏に近居を勧めた
この良かれと思ってした行動が
後々大きな苦しみになるとはわかっていなかった




高齢者が事故を起こすたびに

家族はなんで運転をやめさせなかったのだ

という声を聴くと

その通りと思うが胸が痛い

「やめて」と懇願してもやめられない

個々の事情があったり

自分では「イケてる」と思って自覚のない高齢者が

ほとんどなんだと思う

しかし事故を起こして悔いる前に

何とか運転免許証を手放してほしい



大きな声では言えないが

母アキ子氏が免許を返納したのは

なんと79歳の時だった(◎_◎;)

・・・紆余曲折あった


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村










ジジ夫にお弁当?

カテゴリ:
ブログネタ
【公式】冷凍食品を活用してますか? に参加中!
かつて「優しいできる妻」

であったのつもりだった頃のババ子は

たま~にジジ夫に作るお弁当は

木のわっぱに入れたり

彩りや栄養を考えて

「あんたは栗原はるみかい?」

って自分で突っ込みたくなるぐらい

頑張ったこともあった


完全に自己満足で

ジジ夫はなんの感慨もなく

5分以内で食べ終えていただろう

しかし

そんな妻は今はもういない


新型コロナウイルスが猛威をふるって

飲食店などで人とのランチがNGになった頃

ジジ夫が

「これからお弁当にしたい 

外食やコンビニは味が濃いし飽きるから」

「冷凍食品を詰めただけでいいから」


と懇願してきた




お弁当?ナニソレ・・・・作り方忘れたわ


自慢のわっぱの弁当箱も

汁もれするから入れるものに気を遣う

しかもカビをはやさないよう手入れが大変で

丁寧な暮らし」


によりお蔵入りとなっている




しかし冷凍食品だけでいいなら

お作りしようじゃありませんか



今どきの冷凍食品は


「自然解凍」
できるものがいっぱい

買う時はこれができるかどうかが

結構大きな目安になる

チンする手間も冷ます手間もいらないし

何だったら夏場なんて保冷材の代わりになるぐらいで

バリエーションも豊富よ



ここで買う時の注意としては

唐揚げコロッケとんかつなどの

油ものもので固めすぎると

全部似たような薄茶色の塊になって

区別がつきにくくなることだ



ソースを絡めた焦げ茶色の
油ものだけど(^^;)とんかつ


ちくわの磯部巻
緑の色合いが錯覚で
野菜はいってる?いる風に
見える



そして幼稚園児でも女子高生でもないのに

おっさんに「プチグラタン」単なる色合わせのため

これらを巧妙に混ぜ込んで買う

そして日々のおともに常にブロッコリーをゆでて

キープしておく

黄色い主役は常に

夏場以外はゆで卵を前日から作っておくか

くっつかないアルミホイルの上で焼いた

「タマゴ焼き風味の卵焼き」

のどちらかを入れればオッケー



ご飯をお弁当箱一面に詰めて上におかずを

ポンポン乗っけていくだけ

雑~


IMG_0535 (1)

そしてお弁当箱は

アスベルのタッパーAgタイトロック

見た目はあれだけど

食洗器オッケー

お値段お手頃

汁漏れなし

使いやすくてイイ



お弁当

いくら簡単とはいえ寒い朝や

起きるのが遅れたときは

ちょっとね・・・


事前にご飯も炊いておかなきゃならないし




そりゃ作らないほうが楽だけど

冷凍食品さまさま

ジジ夫も何も文句を言わずに食べてるんだから

これでよし!(^O^)/


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村




栗もち 再び

カテゴリ:
若い時は断然「洋菓子派」

だったのに年齢を重ねると

御多分にもれず「和菓子派」

とはまではいかないけれど

和菓子好きになってきた

結局甘いものが大好きです(^^;)



今回のおやつは

鼓月の「栗もち」

IMG_0530 (1)

以前違うお店で

栗もち 期間限定

っていうのに吸い寄せられて

買って食べてみたら

ふつうの大福もちのあんこの中に

申し訳程度に栗のかけらが数粒刻まれて

練りこまれていた

確かに「栗もち」

だけど

これはなんか違うやろ・・・

と思っていた


今回は表の看板の写真を見て

「これこれ 食べたかったのは

イチゴ大福的な中身に栗がまるっと入ったものよ」

と期待していた


喜んでお店に入ると

ポスターには

「栗を半分に切って入れた~」

的な文言が・・・

いや半分でもいいです

正直でよろしい

なんて納得して買ったから(^^;)



オープン↓
IMG_0531



断面↓
IMG_0532

IMG_0534

イイ感じ

お餅というより

上品な求肥に包まれた

これまたお上品なあんこ

そして栗とのハーモニー

うっとり

おいしい

モンブランケーキも今シーズンで

あれこれ目移りするけど

「和菓子に栗」も合うわ


ごちそうさまでした(^O^)/



にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村






アイドルに夢中になる

カテゴリ:
ババ子の子どもの頃のアイドル・・・

ん~ピンクレディかなあ

今でも結構歌えるし振り付けもできるかも


俊ちゃんマッチやちょっと前は秀樹ひろみ五郎

橋幸夫 西郷輝彦 舟木一夫までさかのぼりはしない

百恵ちゃん淳子ちゃん 

そのあとでは聖子ちゃん

歌謡番組とか見るの好きだったけど

例のごとく母アキ子氏はそういうものに興味がない

いやむしろ

そういうアイドルに夢中になっていたりするのを

バカにして嫌っているのを知っていたので

家の中では「芸能人に熱を上げている」

とか 誰のファンであるとかも

オープンにはできない家庭だった



その割には兄一郎は榊原郁恵や南野陽子が好き

とかは知っていたわ(^^;)

idol_fan_women


アイドルに夢中にならない人って

学校の卒業式や文化祭でも感動したり

泣いたりするっていう感情が薄いそうね


そういえば自分自身も

運動会で自分の所属しているチームが

勝とうが負けようが正直どうでもよかったし

卒業式で感極まって泣くなんて一度もない

単なる通過点としてしかとらえられなかった



これは「毒親育ち」で感情がマヒしている人には

よくある症状らしい

いやだ ババ子冷血人間だわ



人前で泣いたり喜んだりするのを

徹底的に封じ込められていたので

いつも感情を前に出すことはなかった



当然他人と大喧嘩なんかもしたことがない

言いたいことは言わないからだ

人には常に警戒して気をつかって遠慮してきたし

自分のことはなるべく外では

言わないよう知られないようにしてきた


多分これはこれからも変わらないと思う
でも少しは変えていく 人に過緊張過警戒をしない

なのにこのブログでは匿名なのをいいことに

いろいろと毒を吐いて

『自分語り』をしているわ(^^;)



今はだれにも遠慮なく

アイドルや俳優に夢中になってもいいし

好きな動画も見られるし 

自由だ~!

この年になってやっと

呪いが解けてきた

というか眠りから覚めてきたようで


毎日結構楽しい(^O^)/




にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村














このページのトップヘ

見出し画像
×